① リスティング広告とは何か?

リスティング広告とは、Yahoo!JapanやGoogleなどの検索結果に表示される「クリック課金型」の広告です。ヤフー検索に表示されるのが、Yahoo!リスティング広告(オーバーチュア)、グーグルに表示されるのが、Adwords(アドワーズ)になります。
リスティング広告は「効果が高く、無駄の少ない」広告であると言われています。その一番の理由は「ユーザーが広告をクリックして、初めて料金が発生する」という点にあります。クリック課金制のため、たんに広告表示では料金は発生しません。さらにリスティング広告の特徴として、ユーザーが検索するキーワードに合わせて広告を表示できる点(検索連動型)が挙げられます。そのため、ニーズに対して的確な広告の表示が可能となり、広告を出してすぐに商品が売れるといったことも、充分に有り得るのです。

② リスティング広告とSEOとの違い

SEO(検索エンジン最適化)対策では、しばし「1ページ1キーワード」が理想だと言われます。しかし、それだけでは日々さまざまな目的でサイトを訪れる利用者のニーズ(=検索キーワード)に対応するのは困難です。そういった場合リスティング広告が有効です。
リスティング広告の利用によって、検索キーワードに連動した広告を表示させて、利用者のニーズを的確に誘導することができるのです。
弊社では単に広告出稿のお手伝いだけでなく、SEO対策に基づいたキーワードマーケティングのノウハウを活かし、出稿先キーワードの調査・選定、およびクリエイティブテキストの作成を行います。コンサルティングからクリエイティブ企画制作、ランディングページ設定等々、クレバリューでは集客からコンバージョンに結びつく一貫したサービス提供を行っています。

③ 他社との違い(クレバリューの特徴)

キーワードマーケティング

弊社SEOノウハウを活用した「キーワードマーケティング」に基づき、貴社ウェブサイトの特性を理解したうえで、検索エンジン利用者のニーズ(=検索キーワード)調査を行います。そうして出稿先キーワードの選定や訴求力の高い広告文言(クリエイティブ)の作成を可能とします。また出稿後も「集客からコンバージョン(成約)」に着実に結び付くように、広告の効果検証を実施し、費用対効果の最大化を図ります。

キーワード選定について

リスティング広告の出稿は、キーワードに対する入札形式(オークション)で行われます。つまり入札価格の高い順からリスティング広告枠に表示される仕組みです。そのため、競合広告が多い「ビッグワード」の場合だと、1クリック数百円~数千円になるケースが発生します。これでは広告の費用対効果は低く、コストも掛かってきます。
リスティング広告の成功の決め手となるのは「いかに競合広告よりも費用対効果の高いキーワードを見つけるか?」です。ビッグワード単体での入札となると、単純な価格での争いなので、広告のコストは膨大になります。コンバージョン(成約)率を上げるには「ビッグワード+複合キーワード」が有効です。広告の出稿量を増やしながら、さらにはクリック単価を下げることで、広告の費用対効果を最大化しつつ、上位表示が可能となります。クレバリューでは、SEOで培った自社ノウハウを活用し、貴社サイトに適切なキーワード選定を施したうえで、効果的リスティング広告の運営を行います。

LPO=ランディングページ最適化

たとえ、どれだけ素晴らしい広告文言であっても、リンク先のページでユーザーが期待する情報の提供ができなければ、見込み客を逃してしまう可能性があります。これでは、せっかくの広告費用が無駄になってしまいます。そこで、LPO(ランディングページ最適化)が有効です。LPOとは、サイト訪問者が最初に訪れるウェブページを設定することで、会員登録や商品購入などといった、コンバージョン(成約)に繋げるための工夫のことです。
クレバリューでは、ひとつのページで様々な条件に応じて最適なコンテンツ設定を行います。それぞれ広告ごとに見合ったランディングページの設定により、ユーザーを的確なかたちで貴社サイトに誘導できます。

豊富な高実績

これまで数多くのクライアント様をサポートし、ビジネスを成功に導いてきました。
従来、リスティング広告の出稿には高額なコストが必要だったため、ほとんど大手企業によるものでした。しかし、クレバリューは低価格化を実現し、中小企業・個人商店様の出稿を可能にしました。

サイトを解析、分析し問題点を抽出

高性能アクセス解析によるサイトの解析、分析を行います。アクセス解析では下記のような情報が観覧できます。

  • 訪問者数
  • ページビュー数
  • コンテンツ内動向
  • 滞在時間
  • 検索キーワード
  • リピーター率
  • 時間帯観覧者数

常にサイトの状況を把握し、そのつど問題点を抽出することで、改善点の把握・修正を行います。

PDCAサイクル導入でサイトを常に活性化

PDCAサイクル導入によって、常にサイト分析と改善を繰り返し、集客・売上アップを実現します。PDCAサイクルとは「計画(Plan)」「実行(Do)」「検証(Chack)」「改善(Action)」の略であり、上記のプロセスを順に実施していき、最後の"Action"を次の"Plan"に結び付けることで、らせん状に品質の経緯向上、継続的な業務回線活動を推進するマネジメント手法です。

④ モバイルでのリスティング

モバイルリスティングとは?

モバイル(携帯電話)でのリスティング広告は「Yahoo!JAPANリスティング広告」「Googleアドワーズ広告」がともに提供しています。各キャリアそれぞれに広告出稿(DOCOMO、au、ソフトバンク)が可能です。近年パケット料金の定額化にともない、モバイルユーザーのネット利用者は増加の一途を辿っています。そのため「モバイルリスティング」は、特にBtoC(個人消費者)向けの商材を扱う企業にとって、見逃せない集客施策です。

モバイルリスティングとキーワード

モバイル検索の特徴として挙げられるのが「1キーワード」による検索です。また、モバイル検索ユーザーの特性に「スイーツ食べたい」「車が欲しい」等といった、検索ではあまり見られないキーワードを使用する傾向があります。 そして、モバイルリスティングでは、少なくとも3位までに広告を表示させておかなければ、それ以下だと極端にクリック率が下がってしまいます。そのため広告の上位表示が重要なポイントになってきますが、そうするとクリック単価のコストが膨大になります。 しかしモバイルリスティングでは、それを補う程にコンバージョン(成約)率が高いと言われています。費用対効果はパソコン版のリスティング広告にほぼ等しいか、もしくは競合が少ない業種であれば、はるかに向上するケースも見受けられるのです。現在、キャリア別に採用されている検索連動型広告を見てみると、DOCOMOとauが「Google アドワーズ広告モバイル」、ソフトバンクが「Yahoo!JAPAN リスティング広告 スポンサードサーチモバイル」となっています。携帯電話の利用シェアがDOCOMOとauで75%以上を占めることを考慮すると、現状ではより多くのユーザーにアプローチできるのは、「Google アドワーズ広告モバイル」だと言えるでしょう。 近年、ようやくモバイルリスティングが注目され始めてきたようです。とはいえPC版リスティング広告と比較してみても、まだまだモバイルでの競合は少ない状況です。貴社の扱う商材がモバイルに最適である(BtoCの商材)ならば、PCでのリスティングより費用対効果が高く、コンバージョン率の向上も見込める「モバイルリスティング」の導入を検討してみてはいかがでしょう。クレバリューでは、集客からコンバージョンに結びつく一貫したサービスを提供いたします。

⑤ リスティングのメリット/デメリット

リスティングのメリット

  • 無駄な広告費がかからない。
    リスティング広告のキーワード単価は入札方式(オークション)のため、業種によっては、手頃な金額で始めることができます。また、あらかじめ予算設定が可能で、予算オーバーを未然に防ぐことができるため、計画的に運用できます。さらにはクリック課金のため、広告の表示段階においては料金が発生せず、無駄なコストを省くことができます。
  • 見込み客を絞り込んだ広告。
    キーワード(ニーズ)に合致した広告出稿のため、目的意識の高いユーザーに対して、的確な広告表示が可能であり、とても費用対効果の高い広告であるといえます。また、広告の内容やキーワードは随時修正・停止することができます。
  • 大手ポータルサイトにも同時掲載
    ヤフーやグーグルにリスティング広告を出稿すると、各運営会社が提携する大手有名ポータルサイトにも同時に出稿できるため、見込み客を逃しません。(アメブロ/日経ネット/価格.com など50社以上)
  • 通常の検索結果よりも上位に掲載。
    リスティング広告の枠は、通常の検索結果に比べてより上位部分に設置しており、視覚的にも目立った箇所に広告の表示が可能なのです。

リスティング広告のデメリット

  • 定期的に管理する必要がある。
    リスティング広告を掲載するには、GoogleAdwordsやOvertureなどを利用し、出稿から管理までを一括して行わねばなりません。効果的なキーワードの選定、魅力ある広告文、タイトルの考案といった手続きや効果測定の実行は、非常に難しく繁雑な業務となります。
  • 手間の割に成果が上がらないことも。
    せっかく時間と手間をかけても、成果が上がらないケースがあります。リスティング広告自体の開始は簡単なのですが、成果を上げるのは困難です。リスティング広告導入前に、しっかりとした調査が必要なのです。
  • 競合他社の調査が必要となります。
    広告効果を最大化するため、まず競合サイトがどのようなキャンペーンをしていて、どのような広告を出稿しているのか、表示順位は何位なのか・・・等の調査をふまえた上で、自社の広告を考える必要があります。
  • 1クリックあたり数百から数千円になる場合がある。
    リスティング広告は入札方式で単価が決定します。そのため競合が多いキーワードの場合、単純に価格での争いとなってしまい、上位表示に莫大なコストが掛かります。こうした無駄なコストを避けるために、費用対効果の高いキーワードを提案します。
  • 誘導するホームページによっては効果が薄い。
    魅力的な広告のおかげで、検索ユーザーを自社サイトに誘導できたとしても、リンク先のページがユーザーにとって的外れなものであれば、せっかくの見込み客を逃してしまうことになります。こうした事態を避けるためにも、LPO(ランディングページ最適化)を施策いたします。

⑥ こんなことにお困りではありませんか?

  • リスティング広告をしたいが、どうすればいいかわからない?
  • リスティング広告を掲載しているが、クリック率が低い。
  • 自社でリスティング広告を掲載管理しているが、面倒だ。
  • リスティング広告の代理店が多くて、どこが良いのか分からない。
  • ホームページの制作から管理、SEO対策等を、すべて一括で任せたい。
  • リスティング広告の管理費を削減したい。
  • 予算が少なく広告代理店に運用を断られた。
  • 今まで毎月同じようなキーワードばかりで出稿していた。

⑦ よくある質問Q&A

リスティング広告の消費広告費の最低金額はいくらですか?

リスティング広告の代理店によって、この価格が異なります。

リスティング広告の広告が表示されないのはなぜですか?

主に1日の広告予算や審査が原因です。

パソコン版とモバイル版のリスティング広告管理は両方頼めますか?

はい。もちろんです。オーバーチュア、アドワーズ共に、パソコン版、モバイル版のリスティング広告管理の代行を行っております。

イメージ広告とは何ですか?

Google Adwordsには、【イメージ広告】というクリック課金型の広告があります。
通常は、テキストで、グーグル検索した際に表示される広告のみを考えられている方が多いと思いますが、イメージ広告では、検索結果からのユーザー以外にも広くリーチすることができます。

⑧ 申込までの流れ

例1

  • 弊社プランナーがお客様のサイトおよびサービス内容・ビジネスモデル等についてヒアリングさせて頂きます。
  • ヒアリング内容を元に、検索キーワードを分析した上で出稿先キーワードリストを策定し、直近の月間検索数、想定クリック数・クリック単価に応じてお見積もりを作成致します。
  • 出稿キーワードに基づいた広告文言(クリエイティブ)のご提案
  • 広告文言に応じたランディングページのご提案(別途有料サービス)
  • Adwords掲載開始、Overture審査
  • 掲載開始後は定期的にレポート分析を行い、効果検証を実施します

例2

  • まずはお電話(06-4707-7488)か「メールフォーム」でお問合わせください。
  • 当社営業担当からご連絡差し上げ、リスティング広告を掲載予定のサイト、ご予算、目標値(クリック率)等のヒアリングを行います。
  • 見積りをご提出差し上げます。
  • 見積りの内容に同意いただければ、お申し込み書に記名、捺印いただきます。
  • リスティング広告に掲載するキーワードと広告文をご提案差し上げます。
  • キーワードと広告文に、問題がなければ御社用のアカウントを開設し、キーワードと広告文をセットし、掲載開始します。

デザインもこだわりたくて、運用・アフターフォロー、SEOもしっかりして欲しいとお考えなら...06-4707-7488 電話受付 10:00-18:30(土日祝除く)

SEO実績 Results of SEO measures

キーワード 順 位
フランチャイズ Yahoo 1位
エステ 大阪 Yahoo 1位
天然水 大阪 google 1位
アルバイト Yahoo 1位
スカイプ英会話 Yahoo 1位
税金対策 Yahoo 1位
大阪 ショッピング Google 1位
家賃 交渉 Yahoo 1位
ホテル 大阪 Yahoo 1位
大阪 中華料理 Yahoo 1位
バッグ 通販 google 1位
整体 大阪 Yahoo 1位
ブーツ 通販 Yahoo 1位
アロマサロン Yahoo 5位
ブランド 高価買取 Yahoo 3位
大阪 カフェ google 2位
旅行 大阪 Yahoo 1位
居酒屋 梅田 Yahoo 1位
不用品回収 大阪 google 1位
大阪市 賃貸 Yahoo 1位
大阪 中華料理 google 4位
大阪 ネットカフェ Yahoo 1位
大阪 学習塾 google 1位
病院 大阪 Yahoo 1位
福祉用具 大阪 Yahoo 3位
気功療法 大阪 google 1位

※2011年1月30日調査結果の一部

作成対応エリア Area

営業地域

  • 大阪府
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 京都
  • 和歌山
  • 三重
  • 大阪県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 能勢町
  • 豊能町
  • 池田市
  • 箕面市
  • 豊中市
  • 茨木市
  • 高槻市
  • 島本町
  • 吹田市
  • 摂津市
  • 枚方市
  • 交野市
  • 寝屋川市
  • 守口市
  • 門真市
  • 四條畷市
  • 大東市
  • 東大阪市
  • 八尾市
  • 柏原市
  • 和泉市
  • 高石市
  • 泉大津市
  • 忠岡町
  • 岸和田市
  • 貝塚市
  • 熊取町
  • 泉佐野市
  • 田尻町
  • 泉南市
  • 阪南市
  • 岬町
  • 松原市
  • 羽曳野市
  • 藤井寺市
  • 太子町
  • 河南町
  • 千早赤阪村
  • 富田林市
  • 大阪狭山市
  • 河内長野市

受注可能地域

  • 大阪府
  • 大阪県
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 三重県
  • 岡山県
  • 徳島県など全国各地

運営会社情報 Management company

株式会社クレバリュー

[大阪本社]

大阪本社
〒530-0057
大阪市北区曽根崎2-8-5 曽根崎MDビル
TEL: 06-6131-1818
FAX:06-6131-1819

[東京支社]

〒150-0011
東京都渋谷区東4-6-3 ベルエアー6F
TEL:03-6427-2451